コンテンツ

コース一覧

【募集終了】第47回 新おきなわICLSコース
内容:

ICLSコースとは成人の心肺停止の最初の10分間のチーム医療を学ぶ講習会です。日本救急医学会の認定コースで、日本版ガイドライン2010に準拠しています。
*10月下旬発表予定のG2015についての解説も行います。

日時:

2016年3月6日(日) 9:00~18:00

会場:

おきなわクリニカルシミュレーションセンター

【募集終了】第2回 ブラック・ジャック セミナー
内容:

 琉球大学医学部附属病院にて、「第2回 ブラック・ジャック セミナー」を開催いたします。
沖縄県内の中学生を対象に、普段見ることが出来ない医師の仕事について体験してもらい、医療に関する仕事に関心を持って頂き、多くの子供達が医療を支える人材になることを期待します。
さらに、琉球大学医学部附属病院が地域社会に貢献することで皆様の身近に感じて頂ければと思います。

日時:

2016年2月6日(土) 10:00~14:00

会場:

おきなわクリニカルシミュレーションセンター

【終了】第21回CPVS(Clinical Physiiology of Vital Signs)
内容:

群星沖縄発祥の「バイタルサインから生理学的解釈法」を習得するシミュレーションコースです。
テキストとしてバイタルサインからの臨床診断を使用し、その内容をアウトプットできるようにトレーニングするのがCPVS(Clinical Physiology of Vital Signs)です。
CPVSは、血圧・心拍数・呼吸状態・意識・体温などのバイタルサインから臨床推論を実践し症例マネジメントに必要なDecision Makingを「守られた環境で失敗を恐れることなく安全に表現」できる、臨床初学者向け(若手医師向け)トレーニングです。

2012年度から述べ20回、100名を超える修了生を輩出しています。
臨床現場でバイタルサインを評価し、患者マネジメントに携わる方で、安全に、しかもたった一日でバイタルサインの生理学的解釈法を身に付ける事に興味をお持ちの方々、是非お誘い合せの上、ご参加くださいますと幸いです。
事前学習としてテキスト『バイタルサインからの臨床診断(羊土社) 入江聰五郎著』での事前学習をお願いします。
事前学習支援として、Web Lectureおよびテキスト熟読のためのプレテストを送付いたしますので、ご参加を希望される方は、事前にお申込みください。
見学などについても以下に直接ご相談ください。

日時:

2016年1月10日(日) 9:00 ~ 20:00

会場:

おきなわクリニカルシミュレーションセンター

【終了】第46回新おきなわICLSコース
内容:

ICLSコースとは成人の心肺停止の最初の10分間のチーム医療を学ぶ講習会です。
日本救急医学会の認定コースで、日本版ガイドライン2010に準拠しています。

日時:

2016年1月24日(日) 9:00~18:00

会場:

おきなわクリニカルシミュレーションセンター

【琉球大学医学部・医学部附属病院対象】危機的出血対応シミュレーション
内容:

日本麻酔科学会と日本輸血・細胞治療学会が合同で策定した「危機的出血への対応ガイドライン」において、『「危機的出血時の対応」について輸血療法委員会等で院内規定を作成し、日頃からシミュレーションも実施しておくことが望ましい』と記載されています。
 今回、危機的出血対応シミュレーションの第1回として、術中に生じた不測の危機的出血に対して、スタッフがどう対処するのか、シミュレーション体験とディスカッションを通じて意識の共有を図ります。

日時:

平成27年12月5日(土) 13:00~16:30

会場:

おきなわクリニカルシミュレーションセンター

第11回 新おきなわICLSコース指導者養成ワークショップ
内容:

1.シミュレータの操作法
2.効果的な指導法
3.チェックリストを用いたフィードバックの仕方などを学ぶ
4.ロールプレイを通してよりよいインストラクションについて一緒に考えていきます。

日時:

2016年1月23日(土) 12:30~19:30

会場:

おきなわクリニカルシミュレーションセンター

【終了】 第10回 新おきなわICLSコース指導者養成ワークショップ
内容:

1.シミュレータの操作法
2.効果的な指導法
3.チェックリストを用いたフィードバックの仕方などを学ぶ
4.ロールプレイを通してよりよいインストラクションについて一緒に考えていきます。

日時:

2015年11月28日(土) 12:30~19:30

会場:

名桜大学

【終了】第45回 新おきなわICLSコース
内容:

ICLSコースとは成人の心肺停止の最初の10分間のチーム医療を学ぶ講習会です。日本救急医学会の認定コースで、日本版ガイドライン2010に準拠しています。
*10月下旬発表予定のG2015についての解説も行います。

日時:

2015年11月29日(日) 9:00~18:00

会場:

名桜大学

【終了】シミュレーション基盤型教育セミナーFunSim J
内容:

FunSim(Fundamentals of simulation)セミナーは、ハワイ大学SimTikiセンターで開催されている指導者向けの入門コースです。

本セミナー、FunSimJ(Fundamentals of simulation for Japanese)は、ハワイ大学Benjyamin Berg先生監修のもと、日本語版にし2012年から全国で開催してきました。

シミュレーション教育における指導の基本(概念・デブリ―フィング・評価等)を講義と高機能シミュレータを使用したシミュレーション体験(学習者及び指導者体験)から学ぶ内容となっており、ハワイ大学とおきなわクリニカルシミュレーションセンターからの正式な認定書が発行されるコースです。

日時:

日時:平成27年10月10日(土) 10:00~17:00
                                11日(日)   9:00~15:00

会場:

おきなわクリニカルシミュレーションセンター

【終了】市民公開講座のお知らせ
内容:

「2025年問題」をご存知ですか?

老年人口がピークとなり介護・医療費等社会保障費の急増が懸念される「2025年問題」を控え医療・介護・福祉の見直しや新たなシステム導入が重要な課題となっていきます。琉球大学医学部附属病院は、県民に最先端の医療を提供し、地域医療の向上にも貢献する使命があります。皆さまへ広く10年後の沖縄の地域医療について知っていただき、ご自身やご家族の医療・介護・福祉について共に考えていただくための講座を開催します。ふるってご参加ください。

講演1:北海道における地域医療と地域医療教育
      住友 和弘 旭川医科大学

講演2:町づくりから考える地域医療づくり
      井階 友貴  福井大学医学部

講演3:医療・行政・住民マイスター養成講座~あなたは地域を守れますか~
      山城 清二 富山大学附属病院・高浜町和田診療所

講演4:急性期病院における地域連携~沖縄の高齢者の生活を大切に~
      高山 義浩 沖縄県立中部病院

講演5:沖縄県としての地域医療に対する今後の取り組み
      国吉 秀樹氏 沖縄県保健医療部 保健衛生統括監

討論会:10年後の沖縄の医療はどうなるのか?
      藤田 次郎 琉球大学医学部附属病院

日時:

平成27年9月26日(土)

14:00~16:20
(受付:13:30)

会場:

タイムスホール
(タイムスビル3F :那覇市久茂地2-2-2)
・ゆいレール 県庁駅前より徒歩1分

< 戻る 1234567891011121314 次へ >

おきなわクリニカルシュミレーションセンター